お薬を個人輸入|処方箋がいらないバイアグラ通販

処方箋なし個人輸入は日本では認めれられている

処方箋なし個人輸入は日本では認めれられている

アメリカからのバイアグラの個人輸入は日本では認めれられていることですが、今でも議論は繰り返されているのです。

 

あるアメリカの薬局は、「海外の国がバイアグラの販売に処方箋の提示を義務図家ていないなら、注文があれがその国にバイアグラを発送する」としています。

 

実際に、多くの日本人男性が処方箋なしにバイアグラを購入しているのも事実です。配送側の建前は、「EDで悩んでいる男性を一人でも多く救ってあげたい」というものですが、本音の部分は、バイアグラは売れるので、どんどん販売して儲けたいというところでしょう。

 

一方、ほかの薬局では、反対に「海外の国が処方箋なしでもバイアグラを購入することができても、アメリカではそうではないので発送はしない」としています。これは、EDの症状の緩和よりも弊害が起こるリスクのほうが大きいという概念からでしょう。

 

アメリカではFDAのホームページでは「バイアグラの入手には処方箋が必要である」と明記されています。さらに、バイアグラの製造元であるファイザー社も、「バイアグラの服用には医師の指示のもとに行うこと」と注意を促しています。

 

アメリカ政府委は国民の健康を、薬害から守る義務があります。そのためFDAは「バイアグラの服用には処方箋が必要」と決めているのです。

 

一方、日本では、健康を守る仕事をしているのは厚生省です。厚生省が「バイアグラの少量の個人輸入関しては処方箋の規制はしない」としているので、日本ではバイアグラは処方箋がなくても購入することができるのです。

 

アメリカ政府に日本国民の健康まで考える義務はありません。バイアグラを日本人が購入するほどアメリカの経済が潤うので、異議を唱えることはないでしょう。

 

そのため、日本において個人輸入で薬を通販し服用するというこは、服用者本人の自己判断によるということになるのです。

 

バイアグラ節約方法

 

バイアグラ節約方法

アメリカでは1錠9ドルで販売されているバイアグラは、多くの男性が使用しています。しかし、その価格は簡単にねん出できるものではないので、節約方法に興味を持たれている方も多いのではないでしょうか?

 

バイアグラの節約法補で有効なのは100rのバイアグラを購入して、分割して服用するのがおすすめです。

 

日本ではバイアグラの100rは出回ってはいません。しかし、個人輸入代行を利用すれば、海外からバイアグラの100rを取り寄せることはできます。

 

もともと、バイアグラには25r、50r、100rの種類があるのですが、いずれも同じ価格で販売されていることはあまり知られていません。

 

海外ではほとんどの人が100rのバイアグラを購入して、それをピルカッターと呼ばれる道具で分割して服用しているのです。

 

日本での販売価格は、容量に応じて上がっています。しかし、それほど差はないのでバイアグラを購入するのなら当然100rがおすすめです。

 

ほとんど同じ価格で100rの錠剤を購入して、半分に分割してし評すればいいのです。こうすれば、半額で同じ喜びを味わうことができるのです。